ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

クラウド型ファイル送受信サービス「SECURE DELIVER」
Office365との認証連携 追加のお知らせ

2016年5月10日

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社(社長:西村 亨)は、クラウド型ファイル送受信サービス「SECURE DELIVER」の認証連携先に、Office 365(Azure Active Directory)を追加しましたのでお知らせいたします。

企業でのクラウド利用が進む中、業務用の最新Office環境やグループウェアとしてOffice365を導入している企業が増えてきています。今回、「SECURE DELIVER」と、Office 365の統合認証システム(*1)であるAzure Active Directory(SAML2.0(*2)対応)の連携を可能にしました。これにより、Office 365を利用しているユーザは、追加で機器の導入をすることなく「SECURE DELIVER」へのシングルサインオン(Single Sign-On以下SSO)(*3)が可能となります。

なお、「SECURE DELIVER」をAzure Active Directory Marketplaceにも登録しています。

「SECURE DELIVER」について

「SECURE DELIVER」とは大容量の重要データを、データ管理者による正しい統制管理のもと、より安全・効率的に送受信できるクラウド型ファイル送受信サービスです。

認証連携動作検証済みサービスは下記URLよりご確認いただけます。

*1 統合認証システムとは、さまざまなアカウントの一元化を行い、一組のアカウントとパスワードを覚えるだけで、複数のシステムを利用可能にするシステムです。

*2 Security Assertion Markup Language (SAML)は XML に基づいたセキュリティ プロトコルです。

*3 一度の認証処理によってコンピュータ上の複数のリソースが利用可能になる機能です。通常、あるコンピュータへのログイン後、グループウェアなどのアプリケーションや他のサーバ上のアプリケーションを使用する際、それぞれ別のIDとパスワードを用いて再度ログインすることが求められるため、複数のIDとパスワードを管理する必要があります。一方、シングルサインオンを導入した環境においては、一つのIDとパスワードによって全ての機能を使用することができます。

※ Microsoft、Microsoft Azure、Office365は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
    イメージテック事業部 第三営業部 SECURE DELIVER担当
  • TEL 03-5745-2271

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る