ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

従来の検体管理における様々な問題点を解決!

RFIDサンプル管理システム「R-ISM™」

新発売

2016年8月31日

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

富士フイルムイメージングシステムズ株式会社(社長:西村 亨)は、RFID(*1)を使用した、従来の検体管理におけるさまざまな問題点の解決が可能なRFIDサンプル管理システム「R-ISM™」を、平成28年8月31日より発売いたします。

再生医療市場をはじめ、検体管理ニーズは年々増え続けている一方、検体管理の現状は、手書きや  バーコード(管理)が未だ主流となっており、煩雑な作業による時間的ロスや記録ミス、またバーコードへの霜付着による読み取り不良の発生等、諸々の問題がございました。

この度、弊社で開発いたしましたRFIDサンプル管理システム「R-ISM™」はRFIDを使用した、専用のアプリケーションによる管理が可能で、従来の問題点を解決できるシステムとなっております。

管理用ソフトウェアは貴重なサンプル管理に必要な入庫・出庫履歴管理、棚卸機能に加え、分注・培養の親子関係の管理、原本情報の登録も可能であり、管理項目についてはオリジナル項目の作成が可能となっております。

富士フイルムイメージングシステムズは、今後も時代の変化と共に多様化するお客さまのニーズにお応えし、便利で付加価値の高い商品・サービスをご提供してまいります。

1. 製品名称
RFIDサンプル管理システム「R-ISM™」
2. 発売日
平成28年8月31日(水)
3. 主な特長

● データベースによる簡単検索、RFIDによるID一括読み取りで瞬時かつ正確に管理が可能

  • 作業時間短縮によるコストダウンが可能
  • 記載ミス・保管場所入れ間違いなどのヒューマンエラー防止

● 検体情報、保管位置情報、操作履歴情報の一元管理が可能

  • 廃棄対象検体、使用者・内容物不明検体の削減により、フリーザーの省スペース化が可能
  • エビデンス確保による信頼性・セキュリティ性の向上

● 電波による読み取りのため、霜が付着していても問題なく読み取り可能

  • 検体の常温曝露時間の短縮が可能

● 主要メーカー製凍結保管用チューブに対応したICマルチジャケット®(*2)を使用

  • 既存の検体にも適用が可能

*1 RFID:固有のID情報を埋め込んだICタグを無線通信によって読み書きする自動認識技術
*2 ICマルチジャケット®:既存のチューブにも装着可能なジャケットタイプ

[写真] システムイメージ

[写真] ICマルチジャケット®(チューブへの装着時)

[写真] サンプル(検体)管理ソフトウェア画面

本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

  • 富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
    イメージテック事業部 第1営業部 RFIDグループ
  • TEL 03-5745-2281

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る